リハビリテーション技術科

機能評価

リハビリテーション技術科

リハビリテーション技術科のご紹介

釜石医療圏内における急性期医療を中心とした総合病院におけるリハビリテーション医療の提供を担うため、理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3職種で業務を行っています。

 

○基本理念

私たちは、患者さん中心の安全で良質なリハビリテーション医療の提供を目指します。

 

○基本方針

1 安全で良質な急性期リハビリテーションの役割を担っていきます。

2 釜石広域圏の医療機関や施設等との連携強化に努めていきます。

3 学習研鑽に努め、「根拠に基づいた質の高いリハビリテーション医療」の提供を行います。

 

○施設基準

●疾患別リハビリテーション

・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)(脳梗塞、脳出血等、脳血管疾患)

・廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)(外科術後等、安静による廃用症候群)

・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)(骨折、関節の変性疾患の術後等)

・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)(肺炎、慢性閉塞性肺疾患等)

 

●がん患者リハビリテーション料

 

○部門配置

●理学療法士:8名

医師の指示のもと、運動療法と物理療法を用いて、病気やけがの回復を促進し、生活中の動作について助言・指導をします。

 

 ●作業療法士:4名

医師の指示のもと、障がいのある人が、その人その人の状態と折り合いをつけながら、活き活きとした生活を送れるよう、仕事、遊び、日常の生活など活動(作業)をとおして、こころとからだを元気にします。

 

●言語聴覚士:2名

医師の指示のもと、言語、聴覚、発生・発音、認知などの機能が、病気や交通事故、発達上の問題などで損なわれた方に、自分らしい生活を構築できるよう支援します。

 

  
 
 
 

▲トップに戻る